行動原理の洞察とマインドフルネス

最近頓に、近くにいる人の行動原理を正しく理解或いは洞察することの重要性を感じる。

というのも、長年仲良く一緒に働いていたのに、一方が相手の行動原理を見誤っていたが故に、気づかずに相手の価値観等に著しく抵触する言動をとってしまい、最終的には両者の断絶に至ったケースを目にしたので。

人はそれぞれに行動原理を持っており、それが常にその人の日頃の言動に反映されているはずだけれど、多くの場合、「なぜその言動をとったか。」についてその人の口から常には語られないため、他者の行動原理については基本的に、顕れた言動の積み重ねから推察するしかない。そして人によっては非常にシンプルな行動原理を持っている(ように見える)し、そうではない人もいる。

例えば、いつもかなり積極的に気遣いや慮りを示してくる人がいたとする。それが純粋な好意や厚意であるケースも多々ある一方、寧ろ隠れた支配欲の顕れである場合、若しくはその両方である場合もある(と思う)。

このような自分の推察・洞察が当たっているのかどうかは、相手の言動を受けて自分が示した言動に対し、さらに相手がどのような言動を示してくるかによって推し量るしかない。

つまり、結果がすべて。

端的に言って、他者の行動原理をより深く正確に読み取っている人ほど、人間関係におけるトラブルを事前に回避できる。

では、どうすれば相手の行動原理を正しく洞察できるのか??

と考えるとやはりここにもマインドフルネスの視点は生きてくるのではないか。

つまり、自分の願望や感情、思い込みを極力排し、今この瞬間に起こっていることをひとまず心身でありのままに受け止めること。それが常に出来ていれば、相手の行動原理を誤って捉えるリスクも軽減されるだろう。(「心身で」としているのは「意識レベルの意思決定よりも先に、無意識レベルの身体感覚が変化しているため、『身体の声に耳を澄ます』ことが大切。」という視点を含むため。)

ということで、Zen2.0からの学びの流れで言えば、やはりひとまずトライすべきは瞑想かも??

鎌倉・建長寺で禅とマインドフルネスを学ぶ。

土日は、鎌倉の建長寺で、禅とマインドフルネスにフォーカスしたこのイベント↓に参加。
https://zen20.jp
知ったきっかけは、永田町GRIDでの映画上映会(https://www.facebook.com/events/1329805133823463/?ti=icl)。
為末大氏と松本紹圭氏が登壇されることを決め手に参加を決めたけれど、全体的にかなり自分の興味の方向に合致したイベントだったので2日間満喫!!
自分の興味は、と言うと例えば、過去にも書いたこういう方面↓

精神と身体の断絶
http://swandiver.hatenablog.com/entry/2017/09/04/224512
“信仰”と“信仰に似た心的態度”
http://swandiver.hatenablog.com/entry/2017/09/04/225003
不変↔︎諸行無常
http://swandiver.hatenablog.com/entry/2017/09/03/142846
“こっち側(=正常な・マトモな世界)”と“あっち側(=オウムやカルトの世界)”
http://swandiver.hatenablog.com/entry/2017/12/03/232050

今回新たに知った方のプログラムの中では特に、藤野正寛氏の「身体の声に耳を澄ます」(脳科学)がヒット。概要は以下の通り↓

◆人の自己観・価値観は「確固とし」「思い通りになること」を望む。一方、「変化し続け」「思い通りにならない」のが自然の摂理。その最たるものが、死。

自己観と自然の摂理の間のギャップに苦しみ(suffering)
が存在する。

自然の摂理を変えることができない以上、苦しみを減ずるには自己観を変えるしかない。
◆仏教の四聖諦には学びの過程が組み込まれている。
・「自分は変われる」というものの見方
・「苦は学びの機会」というものの見方
実際に、「自分は変われる」という知能観を持っている中学生のほうが、そうではない中学生よりも成績が上昇したというデータあり。

しかし、大人になっても人は変われるのか?(=神経可塑性

21世紀の研究では、大人にも神経可塑性ありと考えられている。変わるために有用なのは、
①体験的な訓練 (例)ロンドンのタクシードライバー試験
②心的訓練でも効果あり。(例)ピアノ訓練
③注意を向けること。(例)猿に音刺激か触覚刺激を与えた例

“注意を向ける”ために瞑想、マインドフルネスが有用。
瞑想:注意を集中し、評価を下さずに自分を観察することによって、自分という存在の内的基準を直接的に感じとるプロセス。
マインドフルネス:次々と生じている今この瞬間の経験に対して受容的な注意を向けてありのままに気づいていること。

“今この瞬間に生じている経験”を捉えるためには身体感覚が重要。なぜなら身体感覚は、“眼耳鼻舌身意に外部内部の刺激が接触した時”に生じるため。
つまり、意識レベルの意思決定よりも先に、無意識レベルの身体感覚が変化しているため、「身体の声に耳を澄ます」ことが大切。

藤野氏ご自身は特に「身体の声に耳を澄ます」必要があるときはヴィパッサナー瞑想に参加されるそう。以前からヴィパッサナー瞑想には興味があるので、やはり体験してみようかとも思う。

その他、2日間で印象に残った言葉達のほんの一部。(正確には覚えてないので私の解釈で。)
藤田一照氏
「正しい座相には接地性(groundness)と垂直性(uprightness)が肝要」
松本紹圭氏
「英国で参加したYoung Global Leaders研修で出会った人々は皆、『I'm not religious at all, but I appreciate spirituality』のように言う。要は誰も宗教の信者になったり入信したりはしたくないが、Wisdomを取り入れて心豊かになりたい、そういう時代。つまり、ポスト宗教時代に生きてるなぁと思う。」
現代日本の仏教は二階建構造。一階はお葬式や法事を中心とする”先祖教”、二階で仏道。しかしそもそも二階が存在しないお寺や、もしくは内階段しかついておらず二階の存在が外から分からないお寺も。二階に直接上がれる外階段も必要。」
「マインドフルネスとかに興味がある人々は、ある意味“意識が高い”ごく一部の人達。それも良いが、一方でそれ以外の、例えばおじいちゃんおばあちゃん達とかが完全に取り残される(left behind)のは望ましくない。お寺の“一階”も大切。その視点から考えると、両者を繋ぐ活動はシンプルだが“掃除”じゃ無いかと考えている。」
「それぞれ宗派によって教義が違いすぎて、”仏教”を基に寺と寺を繋げることは困難だったので、寺の"management"を切り口にネットワークを作った。」

まだまだあるけれど、文章が長くなりすぎたのでひとまずこの辺りで。
こんなに魅力的なイベントを創り上げてくださった主催者の方々に感謝します。また、このイベントを知るきっかけとなった映画上映会を主催してくださったGaiax社の木村 智浩さんにも。
来年はボランティア参加をしようか迷うところ!

#zen20

『染川塾』でディマティーニ・メソッドに出会う。

染川塾(染川順平氏のセミナー)に参加してきました。
参加するまで「染川塾って何???」という状態だったけれど、賢く直感力の鋭い友人がわざわざ自ら主催をしようと決意した、との経緯から、「これはひとまず参加させてもらおう」と決めました。

大正解。

染川氏のトークスタイルは、敢えて飛び飛びに空白を残し、聴衆が自ら考え・探求する余地を残すもので、そこからして既に一般的に良しとされるプレゼンスタイルとはだいぶ異なり。でもそれが聴衆のワクワク感を呼び起こす。ご自身の伝えたいことを連想ゲームのように自在に語られ、それがまた宗教・数学・物理学・量子力学古武術サブカルチャー等多岐に渡る。でもちゃんと終着点に戻ってくる。
ちょっと面食らいましたが、左脳に偏りがちな自分にはそのトークスタイル自体、新鮮な学びとなりました。

講演内容の背景にあるのは「ディマティーニメソッド」とのこと。初耳だったので><、今日理解したところではこのメソッドは、「物事の正と負は打ち消しあい、常にバランスが取れ、それ自体として既に完璧。よって、正負のどちらか一方にとらわれるのではなく、大切なのはAuthenticであること。(Be Authentic)」と。(ついでに言うと、「七つの習慣」の考え方は、要は「Be Good」「人格者たれ」で、正負の正にのみ価値を置く(よって、苦しい)、と。)
この部分だけ聞いてもその考え方はかなり東洋的に感じられ、自分自身の価値観にも近いものでした。

が、染川氏のお話はそこをベースにしつつ果てしなく広がり6時間半。その全てを集中力を途切らせずに聴けた自分に驚きますが😮、残念ながらこの投稿くらいでは要約すら書くのも不可能。(物理学とかの部分はちょっと難しくて分からなかった😢)
また、左脳寄りな自分としては時に話についてゆけず「ほ????」ともなりましたが、そう言った面食らう感覚も含めて、予定調和になりがちな自分のフィールドから足を踏み出すために有益と感じました。

口コミによって全国に講演に呼ばれていらっしゃるというのも納得。また東京でセミナーを開かれる際は出来る限り参加したいと思います。
そして、友人の熱意と行動力に感謝です。今回も、どうもありがとう💕💕

マザーハウスの12周年記念トークイベントに参加

マザーハウスの12周年記念トークイベントに行ってきました✨代表の山口絵里子さんや、日本人&現地スタッフの方々のお話に心動かされながら思い出したのはこの言葉↓

 

Every time you spend money, you’re casting a vote for the kind of world you want.(by Anna Lappe)

 

私たちはお金を使って何かを買うたびに「自分がどんな世界を望んでいるのか」という投票をしている、と。わたしは、どこかの誰かを搾取して製品・サービスを生み出している企業にはできる限り“投票”したくないし、例えばマザーハウスのように自分が共感できるPhilosophyを持ち・実践する企業に“投票”したい。。改めてそんなふうに思い、帰りがけに店舗に寄って早速“投票”も😜
素敵なリュックなので明日から使うのが楽しみ💕💕

 

そして、また自分もお客様に“投票”してもらえるような仕事をしていたい、とも改めて思いました。
体調はあんまり良くなかったけど><いい時間を過ごせて良かったです🤗

 

https://www.mother-house.jp/aboutus/

【FB2017年5月29日投稿を転載】「ジャーナリスト堀潤が見たパレスチナ ガザ地区」に参加

先日は、日本国際ボランティアセンター(JVC)職員のMai Namikiさんのお話を伺いに。主なトピックは、ガザ地区の現状と、JVCが行なっているパレスチナの子どもたちの栄養失調予防事業について。単に支援物資を配って終わり、ではなく、現地女性に栄養の知識を教えることで、持続的効果が期待できる活動となっていることに感心。2014年にお聞きした藤原 亮司さんのご講演内容も思い出しつつ、改めてパレスチナ問題を考え直す機会となりました。

<ここから雑感>

しかし改めて、素朴な疑問として、ユダヤイスラエル人は一体どうやって自らの心のなかで自己を正当化するのだろうと不思議に感じる。政治的な経緯があり、彼らとしても大筋においては合法的に彼の地へ移民してきたことは理解しているけれども。しかし、数千年前の神との約束を根拠に、現実には他民族が平和に暮らす地に数百万人がやってきて、遂にはその地の殆どを手に入れた、という客観的事実は認めざるを得ないと思う。
そういった客観的事実が全て帳消しになるほど、シオニズムという思想(と、それに基づく国民教育)が強力なのか。「自民族が安心して暮らせる場所がない」という、ユダヤ人が長年の間に渡って置かれた状況はとても気の毒に思う。ヨーロッパ各地で排斥されてきた上、遂にはヒトラーによって最悪の事態が引き起こされた。しかし、だからこそ、自らに何の科も無いにも関わらず、他者によって平穏な暮らしを突然奪われる辛さは身に沁みて分かるように思うのだけれど。

。。。というのは、他民族に奪われたことのない島国で何千年も安穏と暮らす日本人の発想なのだろうか。確かに、ヨーロッパその他、地続きエリアの歴史を見ると常に「とった、とられた」「支配した、支配された」「滅ぼした、滅ぼされた」と絶え間なく争いが続いてきている印象。そこで生まれ育てば、無意識のうちに「国や文化というものは全力で守っていないといつ攻めこまれて無くなるかわからない」「やるか、やられるか」という危機感が強く育つことだろう。さらに、ヨーロッパ各国に離散していたユダヤ人は長年差別を受ける側で、自分たちの国を持つことも叶わなかった。
そんな中、ようやく巡ってきた千載一遇のチャンスをモノにして、イスラエルを建国。

と、考えると、彼らが自国を守ることにかける(行き過ぎた)熱意もほんの少しは理解できるか。

さらに、ホロコースト直後、歴史的にユダヤ人を爪弾きにしてきた自覚のあるヨーロッパ各国も、ユダヤ人難民問題がユダヤ人にとってハッピーな形で、(且つ、ヨーロッパの外で)解決されることは歓迎すべきことだったのだろう。そして、その代償を払わされた・払わされ続けているのは、そもそもユダヤ人問題とは何の関係もないパレスチナ人。

この状況にはやはり怒りと悲しみを覚える。そして、遠く極東の国からでも、自分にできる正しいことをするために、学ぶこと・知ることを諦めないようにしなくてはと思う。

〈今回参加したイベント〉
http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2017/05/20170525-palestine.html

【FB2017年2月19日投稿を転載】「堀潤の伝える人になろう講座『シリアを知る夜』」に参加

先日、「堀潤の伝える人になろう講座『シリアを知る夜』」に参加。非常に興味深い内容だったので記録も兼ねて。
スピーカーは、そもそもはアジア文化を(欧米経由ではなく直接)アラブ世界に伝えるため、1997年に来日したシリア人ジャーナリストのエルカシュ ナジーブ氏。思い込みを極力排し、苦しみながらも物事の一つ一つを虚心坦懐に見つめ、“明らめ”ようとする姿勢に共感。
今までいまいち理解しづらく、故に他人事と感じがちだったシリア問題を初めて自分事、或いは隣人事として受け止めました。
特に印象に残った部分等を以下に記します。メモを取ってなかったのが悔やまれます。
(注:Najib氏が語られた視点を「私が理解した範囲で」記したので解釈誤り等あるかもしれません。すみません。)

◆内戦勃発前のシリア行ったことのある日本人は、「あんなに平和だったのになぜ。」「ホテルでもないのに家に泊めて歓待してくれ、(例えばエジプトやトルコのような商売っ気の強い国と比べ)シリアは素晴らしかったのに。どうしたらあの頃のシリアに戻れるのか。」と言う。
しかし、シリア人であるNajib氏に言わせれば、「独裁政権により、1960年代以降のシリアでは観光業含め様々な産業が自由に出来なかった。結果、人々は商売としてではなく旅行者を泊めたりもした。それは旅行者にとっては素晴らしい体験かもしれないが、シリア人にとっては既に良い状況では無かった。商業的であっても、貧しいより国が発展したほうが良い。必ずしも『独裁=悪』では無く、経済的発展を成し遂げる“良い独裁”も存在し得るが、シリアの場合、経済的発展も政治的自由もどちらも無かった。」
◆「この写真の6人のうち、一人だけ宗教が異なります。どの人ですか?」と。写真に写るのは、ウサマ・ビン・ラディンから始まり、他、アラブ世界の指導者達、そして、ブッシュ米元大統領。




正解はもちろんブッシュ、、、では無く、ウサマ・ビン・ラディンイスラム教徒)。
それ以外の5人はキリスト教徒。
考えてみれば、汎アラブ主義の指導者達がキリスト教徒なのは自然なこと、と。
アラブ諸国ではキリスト教徒は少数派、よって、イスラム教徒が多数派を占める各国内で存在感を示しづらく、“国を超えたアラブ世界”の枠組みを好み、そこに後からイスラム教徒が乗っかった、と。
ここからも分かるように、“アラブ”と“イスラム”は別物で、時に対立的関係性にある。
◆現在のシリア情勢は非常に複雑。元々は独裁政権があり、それに対する民主化運動が起こった。民主化を好まない政権側は、同じく民主化を好まないイスラム原理主義者達(アル・ヌスラ戦線?)の力を利用するため、数百人の原理主義者を敢えて刑務所から釈放するなどした。民主化運動側からも、非暴力グループと武装グループが複数生まれた。この混乱に乗じ、国を跨ぐ過激派組織ISがシリアで勢力を広げた。更に、アサド政権側にはロシアがどっぷり援助、民主化運動側にはアメリカが時折・気まぐれに援助。
このように様々な立場・思惑が入り混じっている状態。シリア国内で人命救助を行うNGO(White Helmets)さえも資金面で紐付きであり、活動自体は尊いが、目的はプロパガンダ
一方、一般のシリア人も、今となっては自らの思想と関係なく、食べるため武装勢力に入らざるを得ないことも。
ちなみに、アサド政権はイスラムアラウィー派だが、宗派はシリア問題の争点ではない。
◆Najib氏としてはシリアは国際社会に見捨てられていると感じている。イラクで懲りた米国はシリアに積極的に介入しないが、介入・非介入の判断を誤った。イラクではなく、シリアに介入すべきだった。シリアでは政権側による虐殺等、大規模で深刻な人権侵害が起こっている。しかし、中東への理解が薄いトランプ大統領誕生で、適切な介入への望みが更に薄くなった。
日本も、昨年末のプーチン大統領来日の際等、ロシアのシリア介入についてもっときちんと懸念表明・非難することは出来るはず。言っても変わらないかもしれないが、言わないよりずっといい。

極めて理性的なNajib氏でしたが、シリア国内での残虐行為について触れる際など数回、湧き上がる感情に言葉を詰まらせる場面も。我が身に置き換えて考えれば、生まれ育った日本に同じような事態が起こったとしたら、どれほど辛いことだろう、と胸が痛みます。
一体自分にできることは何か、と自問しつつも、まず「無関心は罪」であることは確か。そしてまた、この講座のテーマである「伝える人になる」ことも自分にできることの一つだろうと思います。

このテーマを取り上げてくださり、また、プロフェッショナルな素晴らしいファシリテーションをしてくださった堀氏にも深く感謝します。

https://www.facebook.com/events/763302933818345/?ti=icl

【FB2015年10月19日投稿を転載】映画『真夜中のゆりかご』感想

ギンレイホール前を通りかかったら、ちょうどスザンネ・ビア監督作品が始まるところだったので、しゅるっと館内に吸い込まれました。

ストーリーの出だしはこんな感じ。

『主人公は、誠実で正義感の強い刑事、アンドレアス。湖畔の自宅に帰れば、美しい妻アナと赤ん坊。赤ん坊が夜泣きをすれば、妻と交代であやす日々。
一方、職務でアンドレアスが踏み込んだアパートには、薬物依存のカップル、そして彼らから育児放棄され、糞尿にまみれて放置される赤ん坊が。
同じように『父・母・赤ん坊』であっても、そこで展開されるのは全く異なる光景。
しかしそんなある日の夜中、アンドレアスの赤ん坊アレクサンダーが突然に亡くなる。「アレクサンダーは死んでない!私から取り上げるなら自殺する!!」と興奮するアナ。
その時アンドレアスの頭に浮かんだのは、育児放棄されていた赤ん坊。
亡くなったアレクサンダーを包み、カップルのアパートにこっそりと忍び込むアンドレアス。。。』

続きを書くのは控えますが、先に進むに従って、善悪の判断や境界線の揺らぐ感じ、さすが。
感情も揺さぶられるし、考えさせられます。
やっぱりこの監督の作品、他にももう少し観てみたい。