映画「ちいさな独裁者」感想

先日観た映画。観てよかった。
ナチズムに逆らったヒーローが出てきて、自分がその時代に生きていたらあたかもそのヒーローと同じような行動を取ったであろうという錯覚と感情移入ができる映画、、、では無いです。

だから、後味が悪く、考えさせられる。

 

ごく簡単にストーリーを言うと、敗戦間近のドイツ軍脱走兵が命からがら逃げる途上、たまたまドイツ空軍大尉の軍服を発見。暖をとるためにその軍服を着るが、成り行きから大尉のふりをする。しかし次第にその演技は板につき、道中出会った兵たちは軍服とヒトラーの権威を笠に着るその脱走兵に従い、最終的には残虐行為を行うに至る、という、驚いたことに実話に基づく話。

 

監督インタビューのこれらの言葉が心に刺さる。

 

「実際はほとんどの人たちは当時、立ち上がったりせず、ただどっちつかずの形で生きただけだ。立ち上がった人の多くは亡くなったし、彼らの映画を作るのは何も悪いことではないが、人はそうしたヒーロー的人物になりたがり、倫理的な視点を持った人物と自分を重ね合わせて見る方が楽だと感じる。そんな風に安心して見られる映画など作りたくなかった。歴史はそうなってはいないのだから」

 

「もし私たちが血にまみれた歴史を忘れ、なりたい人間像に自分自身を当てはめて安らぎを得たら、非常にもろい状態になる。あやまちを防げるのは自分自身に正直な場合だけで、忘却を決して許してはいけない。奈落の底を覗き込み、どれだけ身近に起きたことなのか知る必要がある。ある意味、この映画は予防薬だ。」

 

「人間は元来、自分が何かひどいことをしても、自分の中で正当化できてしまういきものだ。それはみなが持っている資質だから、朝起きて「今日は悪事を働くぞ!」と思っている人はいない。たまたまその日悪事を働いてしまい、正当化する力を持っている。」

https://globe.asahi.com/article/12122433