【Vicom2010年 07月24日投稿を転載】嬉しかったこと。

今日、嬉しいことがあった。すごーく嬉しいこと。
6年ほど前に北海道の牧場で一緒に働いていたときに、とってもお世話になった先輩・友人の消息が分かった。
沖縄出身の彼女とは、北海道紋別郡の牧場でしばらく一緒に働いていた。

とても面倒見のよい人で、慣れない力仕事で私がヘロヘロしていると、ささっときて手伝ってくれる。
大らかで、牛に干し草をやりながら、小学校唱歌を唄い出す。
沖縄の人らしく、感動屋さん。嬉しいときも悲しいときも、人のために涙を流す。(そして、すぐにケロッとする。)
正義感が強く、親方(=牧場主)にも真正面から意見する。
どこに行っても、みんなから頼りにされ、愛される。
人口よりも牛口(?)が多い町で、こんなに魅力に溢れる人に偶然巡りあえるとは思わなかった。
そう思うくらい、印象的な人だったし、人格的に影響も受けたと思う。
(彼女と出会ってなかった私は、今の私とは少し違う人になっていたんじゃないかと思う。)

その後、私は東京に戻り、彼女はオランダに渡った。
もともとは沖縄で何軒か飲食店を経営していたとのこと、英語も話せるので、どこに行っても職は見つかるらしく。

「オランダにもぜひ来てね」と言われつつそのままになっており、そのうちにアドレスの変更等でいったん連絡が付かなくなってしまっていた。
でも、ずっと気にかかっていて、今週、彼女のご実家に手紙を出してみた。すると、お母様から今日お電話をいただき、「○○はオランダの後はスイス、そして今はフランスにいます」とのこと。連絡先も教えていただいた。

このあと、さっそくメールを出してみよう。
いつか、その先輩と当時の仲間達で紋別に集まり、同窓会を出来るといいな♪