【Vicom2010年 04月18日投稿を転載】Gingerさんのセミナー。

昨日は、ずっと楽しみにしていたGingerさんのご講演でした。
前回が素晴らしかったので、今回はアナウンスされるとすぐに申し込み、「この日は何が起こっても行く。」と心に決めていました。

今回も前回と同様にとてもenergetic、ユーモアにあふれ、彼女の奥の深い・魅力的な人間性が端々からうかがえ、さらに今回のテーマが”Creating Your Own Career Path”ということもあり、私には特にencouragingな内容でした。

「Gingerさんのキャリアは40歳の時にスタートした」点は、スロウ・スターターには、本当に勇気を与えてくれる事実です。

私は今まで自分が歩んできた人生に後悔はなく、一つ一つのステップが自分にとって必要だったと確信を持っていますが、一方で、「キャリア」という点では非常に弱く、その為に、例えばVitalなどで知り合う方々に自分が与えられる(=貢献できる)ものがあまりないことにも気づいており、それを常に残念に感じてきました。
具体的にいえば、海外生活経験はなく、修士・博士号も取得しておらず、仕事を通した専門性も「誰にも負けない」というほどのものはまだありません。

しかし、ここ数年の自身の経験や(Vitalなど勉強会を通して得た)友人の影響もあり、今までの人生で自分がいつも強く興味を感じてきた事柄を、どのように「仕事・キャリア」もしくは「自分の人生」に活かしていきたいのか、という点がようやく自分にとって明確になってきたところでした。

そんな私にとって、Gingerさんの歩んでこられた人生とその魅力的な人間性は、本当に、encouragingの一言です。単にスタートが遅かった、という点だけではなく、人生の山や谷がそのまま、彼女の人間性や他者理解の深さに繋がった(に違いない)という点にも、非常に勇気づけられます。

私は必ずしも「世界的キャリア」を目指そうとまでは思っていませんが、Gingerさんのご講演やGingerさんのような方の存在は、「自分自身を信じよう」という気持を起させます。

このような機会と巡り合わせてくれたVital Japanに、いつもながら、深く感謝したいと思います。どうもありがとう。
そして、いつも楽しく一緒に学ばせて頂いている、Vitalの皆さん、どうもありがとう。

これからもよろしくお願い致します。